読書記録

No Image

太平洋戦争での日本軍が補給をおろそかにしたこと、そして、その状況下で戦う兵士が塗炭の苦しみを味わったことは周知の事実であるが、その兵士の苦しみがどれほどのものであったかを克明に記したのが本書である。

膨大な戦病死と餓死や、 ...

読書記録

No Image
本の概要

日米戦争の開戦決定過程を、インテリジェンスの問題も視野に入れて再検討する著作である。著者は、南部仏印進駐(1941年7月末)以降、日米開戦に到るまでの決定過程については『日本はなぜ開戦に踏み切ったか』(新潮社、2012年)で道 ...

読書記録

No Image
本の概要

著者の筒井功氏は、元共同通信社の記者。正史に登場しない非定住民の生態や民俗の調査・取材を行っており。
本書を一言で紹介するのは難しい。著者も本書を「エッセイとも旅行記ともつかない妙な内容の著述」と後書きに記している。学 ...